社会保険と民間保険の違い

社会保険と民間保険の大きな違いは、それが強制が任意かという点と、物が対象になっているかどうかという点です。

社会保険と民間保険の違い
社会保険と民間保険の違い

社会保険と民間保険の違い

世の中には、保険といった時に大きく二種類があります。一つが社会保険で、もう一つが民間保険です。社会保険は、国等が運営している公的な保険制度で、国民年金、厚生年金、共済年金、健康保険、国民健康保険、健康保険、後期高齢者医療制度、介護保険、労災保険、雇用保険などが該当しています。私達も日常お世話になっていて身近に感じているものもあれば、実際のその立場になって困ってみるとそのありがたみを感じるという類のものもあります。多くの制度は、関係がある全国民を対象として被保険者とする形をとっています。

一方民間保険は、民間の生命保険会社や損害保険会社がやっているもので、契約をしたい人が任意で加入するものです。この点が社会保険と民間保険の大きな違いです。しかし、もう一つ大きな違いがあります。それが、保障の範囲です。公的な社会保険の方は、実は「物」に対する損害についてのカバーはありません。常に本人や家族の身体や精神に関するサポートに重点を置いた制度設計になっています。一方民間の保険については、特約として選択をしたり、火災保険のように主契約そのものが物に対する保険といったものがあります。こういった特徴を頭に入れておくと、自分を守っている保険がこれで十分かどうかを考える時には役に立つはずです。


Copyright(c) 2016 社会保険と民間保険の違い All Rights Reserved.